洗面ボウル

メラミンスポンジでこすっていると、水垢があるところはガサガサとひっかかる感じがします。それがなくなって、こすっても引っかかりがなくなたら、水垢が落ちた証拠です。水をかけてもしっかり水をはじいてくれて、一年前の新品のころを思い出します。これで洗面ボウルを使うのが楽しくなります。

水をはじく

ところが、何気なくこすってみたメラミンスポンジが威力を発揮してくれました。これくらいの水垢なら、メラミンスポンジを濡らして軽く絞ったもので磨けば、きれいに落ちるようです。私の中に、水垢を落とすのは大変だという、変な固定観念がありまして。こすって落ちなければもうお手上げだと思っていたんです。洗面ボウルの水垢は、あっさり解決しました。

消えた水垢

しばらく時間をおいて、水で流してみましたが、まったく落ちていません。このあと、クエン酸に重曹水を拭きかけて、時間をおきましたが、びくともしない水垢。やっぱり、落とすことはできないのでしょうか。落ち込むどころか、闘志がわいてきました。

クエン酸では落ちない

では、さっそくチャレンジです。水垢にはクエン酸でしたよね。そこでまずは、クエン酸をパラパラとまいて、少量の水を加えて、クエン酸の膜をつくって覆ってみました。

洗面ボウルにクエン酸

洗面ボウルは毎日マイクロファイバーのクロスで、水滴をきれいにふき取って、一日を終えます。毎日ちゃんとふきとっているのに、水滴跡はしっかり残ってしまうんです。つまい、一日一回ふき取るだけではだめなんですね。でも、毎回ふき取るのも大変です。何のための洗面ボウルなんだかというかんじになっちゃいますよね。

洗面ボウルの水垢

これは我が家の洗面ボウルです。びっしりと水垢が付着しているのがわかりますか?毎日拭きあげているのにこの通りの水垢です。この水垢は、マイクロファイバーのクロスでこすっても落ちません。